忍者ブログ
屋久島の日常風景写真を添えてお届けする田舎暮らし日記です。
[393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母親から電話がありました。
父親が自営の仕事を辞めることにしたというのです。

きっかけは、父親が指を切断してしまったからです。



父親は、プレスの仕事をしていました。
鉄の板を打ち抜いたり曲げたりして、電化製品の部品やらいろいろ作っていたのです。
町工場が集まっていることで有名な東大阪で。




プレスの機械に小さな鉄板を手作業でセットします。
そして何トンもの圧縮力で板を曲げていきます。
曲げ終わった板は、コンプレッサーからの風で自動的に吹き飛ばされます。
そして空いた場所に、また手作業で鉄板をセットします。
それを早いスピードで繰り返します。




そのタイミングが狂うと、指を切断してしまうのです。
一応、かなりアナログな安全装置は付けてるのですが、それでもやってしまうことがあるのです。
なので、今回がはじめてではありません。
過去に何度か指を切断しています。
すごく危険な仕事です。




自営の個人の町工場なので、以前は母親も手伝っていました。
母親も指を何回か切断しています。

僕がまだ子供だった頃、指を切断してしまった日の夜に、叔母に電話で『何でこんなに辛い思いをしないといけないのか・・』と泣きながら話していたことがあります。何十年も前の事ですが、今でも鮮明に覚えています。




もう、両親共に年金をもらっています。
国民年金なので、もうあまりお金は入って来ないので、『今までのようにはしてやれんけど・・』と、申し訳なさそうに言われました。

逆にギリギリまで子に何かしてやろう・・という想いを僕は感じてしまいました。
(涙)




僕は親の仕事を誇りに思うことはできません。
3Kそのものだし、下請けの下請けだし。

でも、父親は不器用なくらいバカ正直に仕事をしていた・・・という印象がすごく残っています。
仕事に対して愚痴を言ってることなんて、父親の口から聞いたことがありません。

『誠実なもんが最後には勝つんや・・』などと、神話かおとぎ話のような甘ったるいことをほざいていたのを昔聞いたことがあります。

ズル賢くは生きられない・・・、僕のトラウマになってしまったことは言うまでもありません。(苦笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
親にとって子は、いつまでたってもかわいいみたいですね。^^私の親もそうです。いい加減心配しなくていいのに、いつまでも心配してくれて、ありがたいです。まぁ~心配させてる私もいけないんですけど・・・^^
でも人生は一度きりだから、好きなことはやらないとね!なぁ~んて・・・えらそうでごめんなさい・・・^^
タッツウ 2009/09/26(Sat)21:55:08 編集
無題
親にはいつまでも心配かけて、頼った方がいいと思ってます。
老けないように。(笑)
うえだまさのぶ URL 2009/09/27(Sun)00:11:41 編集
無題
あっ!!それわかります!!^^
私もそれ派です!!きっと多くの人がそう思ってると思います!!^^
タッツウ 2009/09/27(Sun)22:31:23 編集
無題
親はきっと、いつまでも自分を頼りにしてくれる方が嬉しいと思うんですよね。

そうか、小遣い一杯あげるか。

いずれにせよ、時々は顔見せた方がいいですよね。(笑)
うえだまさのぶ URL 2009/09/28(Mon)04:22:24 編集
プロフィール
HN:
うえだまさのぶ
性別:
男性
自己紹介:
2000年8月に屋久島に移住しました。
趣味だった絵で生計をたてています。
最近は動画を作って遊んでます。
『keiアニメーション動画サイト』も見てください。
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[04/25 うえだまさのぶ]
[04/24 とまと]
[09/28 うえだまさのぶ]
[09/27 タッツウ]
[09/27 うえだまさのぶ]
バーコード
アクセス解析
*Powerd by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]